京都の不動産会社
エルハウジングのコーポレートサイト

メニュー
メニュー

SDGs宣言SDGs宣言

SDGs宣言

エルハウジングは持続可能な
開発目標(SDGs)を支援しています。

エルハウジングのSDGs基本理念

SDGs基本方針

No.1 住み続けられるまちづくり

人と人との繋がりを持てる、年を重ねるごとに味わいの深まる街づくり・コミュニティづくりに積極的に取り組みます。

11、12

まちづくり

具体的な取り組み

①コミュニティが育まれる分譲地を形成します。
②住み継がれることにより、付加価値が向上するランドスケープデザインを企画します。
③ハウスドクターとしての関係づくりに努め、長く住み続けて頂けるよう修繕計画を提案します。
④災害に強い住宅(創蓄連携)を提供します。
⑤ISO9001認証に基づく品質向上に取り組みます。

No.2 健康的な生活の確保

「住まい」を通じて、お客様により豊かで健康な人生を送っていただけるようお手伝いさせていただきます。

3、9

健康的な生活の確保

具体的な取り組み

①健康的で快適な生活がおくれる住居を提供します。
②共働き、子育てにフォーカスしたプランニングによりライフスタイルを創造します。
③高齢者社会に対応し、安心安全な暮らしを提供するサービス付き高齢者向け住宅の運営事業に取り組みます。

No.3 社会貢献活動

CSR活動等を通じて「地域社会に根ざした企業」となります。

4

社会貢献活動

具体的な取り組み

①自治会への物品寄贈、スポーツ協賛企業先との子供たちへの活動支援等を中心として、地域支援及び環境貢献によるCSR活動に積極的に取り組みます。

株式会社エルハウジング

SDGs

株式会社エルハウジングは、
SDGsの誰一人取り残さない世界に向けた
変革を基本理念とするこの目標に賛同し、
新たなビジネスチャンスを創出し、
持続可能な企業へと発展します。

No.3 SDGsとは?

SDGsは(Sustainable Development Goals=「持続可能な開発目標」)の略です。
SDGsは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年の9月に国連サミットで採択された国際目標です。2016年から2030年までに全世界で「貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求する」ことを掲げています。
SDGsは人類と地球の繁栄の実現をめざす具体的な行動計画です。
世界中の企業、政府、地域社会に対し広く協力を求め、持続可能な世界を実現していきます。
そのために、世界を変えるための17のゴールと、より具体的な169のターゲットを設けています。
その持続可能な世界に「地球上の誰一人として取り残されない(leave no one behind)」ことを目指しています。
SDGsは世界的にその重要性が認識されています。日本でも多くの企業が目標に取り入れ、積極的な推進が期待されています。

ページの上へ