エルハウジング

CSR活動京都国際子ども映画際

『京都国際子ども映画祭』に協賛します!

このたびエルハウジングは、『京都国際子ども映画祭』に協賛します。
京都国際子ども映画祭は「子どもスタッフ」が活躍し、「子ども審査員」がグランプリ作品を決める、子どもが主役の映画祭です。

京都国際子ども映画祭

京都国際子ども映画祭

京都国際子ども映画祭

今回の支援の目的

映画作品を通してその国の文化や歴史を知る機会を創出し、映画祭運営を通して子どもたちの自主性を育てる本映画祭を協賛することで、弊社の企業理念の一つである「子どもの育成」を具現化します。

京都国際子ども映画祭とは

京都国際子ども映画祭は、1994 年から始まった、子どもたちによる、子どたちのための映画祭です。子どもを対象とした映画を世界各国から 集めて上映します。小学4 年生から高校3 年生までの「子どもスタッフ」 が約1 年をかけて運営準備、広報、当日の司会進行等すべてを行いま す。また公募で選ばれた「子ども審査員」が全ての作品を鑑賞し、グラン プリ作品を決定する役割を担います。

第23回『京都国際子ども映画際』における「子ども審査員」を募集しました。

子ども審査員とは…

すべての作品を鑑賞し、グランプリ作品を決定する役割です。

今回はエルハウジングのホームページからも子ども審査員を募集したり、イベントの広告を行いました。たくさんのご応募誠にありがとうございました!

京都国際子ども映画祭

京都国際子ども映画祭

京都国際子ども映画祭

京都国際子ども映画祭

【子ども審査員の役割】
・5日の審査員会議に出席し、討議してブランプリを決定する
・グランプリ決定後、審査について作文を書く
・5日のクロージングセレモニーに出席し、一人ずつ作文を発表する

イベントではスタッフや審査員作品を見たり、審査する姿は大人顔負け!? とても真剣な表情で臨む姿勢がかっこいい☆と思えば子どもらしくかわいい 純粋な顔で作品を楽しんでいる場面も見られました。

京都国際子ども映画祭

【主催】NPO法人キンダーフィルムフェスト・きょうと
【共催】京都府京都文化博物館