新築購入の住宅まめ知識。京都で新築分譲住宅・分譲宅地など購入前にご確認

エルハウジング

資料請求・お問い合せ
エルハウジング本店

新築住宅の購入の住宅まめ知識

新築一戸建てのご購入の際に、知って頂きたいことやより良い住居でお住まいになるために役に立つ情報をQ&A方式で掲載しています。
お客様によって当てはまる内容が異なる場合もございますので、詳細は担当スタッフにお問い合せください。

住宅購入について

物件見学・ご相談

入居後

構造・設備

住宅購入の諸費用

住宅購入についての答え

  • 家を建てる前に決めておくべきことはありますか?

    資金計画を立て、現状での無理のない購入予算を設定すること。住みたい土地・物件の希望条件をイメージすること。この2点が重要なポイントです。
    ご予算、住みたい土地、入居時期、住宅へのこだわり等をお聞かせください。

    マイホーム購入ガイド

  • いくらくらいの物件が買えるかわかりません。相談に乗ってもらえますか?

    お気軽にご相談ください。住宅資金、住宅ローンのご相談など新築専門スタッフが承ります。資金計画を検討するには、貯金がどれくらいあってそのうちいくらを「住宅資金」に使えるのかを確認することが大切です。また、資金計画を立てる上で大事なのは、家計に無理なくローン返済を続けられるかです。お客様の家計にご負担にならないよう資金計画を一緒に考えます!

  • 新築購入と中古購入と賃貸どれが得ですか?

    当然のことながら新築購入・中古購入・賃貸それぞれにメリット、デメリットがございます。
    新築住宅は最新の設備や流行のプランが取り入れられているので、入居後すぐに快適な暮らしが送れます。中古住宅はリフォームを楽しめたり、地域限定で住宅を探す場合に適しています。賃貸物件は所有権のある住宅に比べて低価格です。
    どこに住みたいという希望(立地)を具体化し、物件の種別ごとの特徴(メリットとデメリット)を把握することと資金計画を検討することが重要です。

  • 建売一戸建住宅、売建一戸建住宅、注文一戸建住宅の違いって何ですか?

    建売一戸建住宅は文字通り、建ててから売る一戸建住宅のことで、売建一戸建住宅は売ってから建てる一戸建住宅のことです。注文一戸建住宅は、建物を建築士に設計してもらい、施工会社と建築工事請負契約を結んで建ててもらう方法のことです。
    それぞれメリット・デメリットが ございますが、資金面や完成までの期間が大幅に変わりますのでそれぞれのライフスタイルにあった一戸建住宅を選びましょう。

  • 建築条件付分譲宅地って何ですか?

    土地売買契約締結後、100日以内に売主と住宅の建築請負契約を締結して頂くことを条件として販売している土地です。この期間中に住宅を建築しないことが確定した場合、また住宅の建築請負契約が成立しなかった場合は、土地売買契約は無効となり、受領した金銭は全額無利息でお返しします。

  • 土地だけでも購入できますか?

    はい。ただし建築条件付の土地と建築条件無の土地がございますので、詳細は担当の者にお尋ねくださいませ。

  • 物件を見に行った際は、どこをチェックするといいですか?

    お客様が気になるところ全部です。家族が一番長く過ごすリビングの広さや水廻りなどの間取りはもちろん、収納の数などチェックするといいでしょう。また、建物の設備状況、隣地との境界線が重要になります。

  • 用途地域とは何ですか?

    都市計画法によって定められており、その場所に建てられている建物の種類や用途などを示していて、今後どんな街並みになるのかを、ある程度予測させてくれます。
    建ぺい率や容積率も用途地域によって定められており、地域によっては、道を一本隔てて用途地域の種類が変わることもあります。用途地域は全部で12種類があり、周辺環境を知る上でとても大切です。
    用途地域の詳細については「住宅用語について」をご参照ください。

    「住宅用語について:都市計画・用途地域」はこちら

物件見学・ご相談の答え

  • 電話ではなく、メールで連絡を取りたいのですが、大丈夫ですか?

    お電話だけでなく、メールでのお問い合わせももちろん大丈夫です。お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ

  • モデルハウスは見られますか?

    はい。各分譲地にいくつかの種類のモデルハウスを建てて公開しております。気に入って頂ければそのまま土地と建物を購入することができます。エルハウジングの住宅のデザインや住宅設計を是非ご覧くださいませ。時には戸数限定・特別価格で「家具付モデルハウス特別分譲」なんてお得な新築一戸建住宅がある場合も…詳細は担当の者へお尋ねくださいませ。

  • モデルハウスとは何ですか?

    モデルハウスとは、あらかじめ決められた時間帯に自由にご覧いただける現地見学会です。エルハウジングでは各分譲地にいくつかの種類のモデルハウスを開催しております。案内日にご来場いただいたお客様は、自由に物件を見学していただけます。
    実際に購入を検討する住宅物件の居室を見学することで、実生活を容易にイメージすることができます。立地も含めて実際に完成した住宅を体感できます。

  • 仲介手数料はかかりますか?

    エルハウジングでは、グループ内で土地の仕入れ・開発を行っており、販売代理となるため仲介手数料はいただきません。

    さがのグループ

  • 夫婦共有名義で購入したいのですが、できますか?

    できます。ご夫婦でそれぞれの手持ちの資金を出すケースでは、共有名義にする必要があります。それぞれが資金を出したにもかかわらず、名義が一方の場合は、贈与税の対象となりますので、注意が必要です。共有名義の場合の持分はそれぞれ出資した割合に応じます。

  • >購入する住宅はどれくらいの期間で完成しますか?

    お客様とのお打合せ状況や、プラン等にもよりますが、概ねご契約いただいてから5~6ヶ月で完成します。住宅の完成時期について、営業担当にお尋ねください。

  • 工事中は誰に要望を伝えたらいいですか?

    担当営業にお伝えください。ただし、プラン決定後の間取り等の変更は原則お受けできません。

  • 店舗では、どんなサービスが受けられるの?

    コーヒーや紅茶、ジュースなどのドリンクを無料でご用意しております。お子様向けのアンパンマン絵柄のジュースもございます。また、キッズコーナーを設けたり、たくさんのアニメDVDがありますので、お子様連れのご家族様でも安心してご来店いただけます。
    エルハウジング本社にお越しいただいたお客様の場合、エルハウジング2番館にて標準装備のシステムキッチンやシステムバス、住宅用トイレなど実際に体感できるようになっています。

  • 打合わせに子どもを連れて行っても大丈夫ですか?

    もちろん、大丈夫です!本社改装に伴い、お子様に楽しく遊んでいただくため「キッズコーナー」を充実させました。
    キッズコーナーにはボールやぬいぐるみ、数多くのアニメのDVDをご用意しております。トイレにはベビー用おむつとおむつ交換用ベッドをご用意しておりますので、お子様連れでも安心してお越しくださいませ。

  • 住宅完成後でも追加工事はできますか?

    もちろん、できます。
    京都府内にお住まいの子育て家庭の場合「きょうと子育て応援パスポート」を利用して、追加工事代金3%オフのサービスもございます。
    ※特典1については、増床追加工事は対象外となります。ご契約から住宅お引渡しまでの期間に限ります。

    子育て応援パスポートとは

入居後の答え

  • 購入したあとの手続きって何がありますか?

    ガス・水道・電気・電話は早めに手続きの連絡をしましょう。駐車場やゴミ出しのルールの確認や、住宅ローン控除・取得税の軽減等は一定期間内に手続きをして下さい。

  • アフターサービスについて教えてください。

    住宅を建てた後も責任をもち、住宅で安心してお住まい頂けるように、私たちは「点検」「メンテナンス」「保証」などのアフターサービスも誠意をこめて取り組んでいます。
    住宅お引き渡し後1・6ヶ月後に定期訪問またはご連絡、3・12・24ヶ月後に定期点検・メンテナンスを実施。随時点検・メンテナンスも承っております。
    また、各種チェック、修繕箇所のご確認、住宅ご入居後の聞き取り調査など、永く快適にお住まいいただける住宅にするためのメンテナンスを忘れません。そして24ヶ月以降も、ご連絡いただきましたら同様の点検・メンテナンスをご提供するライフパートナーシップをお約束します!

    安心のケア「オーナーサポート」

    オーナーズクラブ

  • 保証について教えてください。

    私たちがお届けする住宅には5つの保証をお約束しております。
    お引渡しの際、それぞれの保証内容を明記した保証書をお渡しします。

    ・構造(基礎、輪組、壁、床)を最長20年にわたり保証
    ・施工上の問題を原因とする雨漏りに関する防水保証
    ・万一のシロアリ被害についての保証
    ・床下環境に関わる基礎パッキン工法による品質保証
    ・地盤保証

    これら5つの保証をお付けすることにより、ご入居後も安心の保証体制をお約束します。
    点検やメンテナンス等のアフターサービスにおいて同じグループ内で実施しておりますので、対応が早く、住宅への要望も活かしやすい強みがあります。
    ※但し一部対象でない場合がございます。詳細は担当へお尋ねくださいませ。

  • オーナーズクラブとは何ですか?

    オーナーズクラブとは、エルハウジンググループにて住宅をご購入いただいたお客様へのサポートとコミュニケーションを目的として開設された会員制クラブです。
    オーナーズクラブでは会員様限定のさまざまな特典やキャンペーン・イベントをご用意しております。また、エルハウジングでは「住宅をご購入いただいてからのお付き合いこそ大切したい」と考えています。

    オーナーズクラブ

構造・設備の答え

  • 構造計算とは何ですか?

    建物が安全であるかどうかを客観的な数値で表すための計算です。
    建築物は常に重力や風の力にさらされる状態にありますので、その力に建物自体が耐えて建ち続けられるかを計算したものです。

  • 建築確認とは何ですか?

    これから建築しようとする建物(新築・増改築)が建築基準法などの法令や、各種基準に適合しているかどうかの審査です。建築主は確認申請書を役所もしくは民間の建築確認検査機関に提出します。確認を受けずに工事を着工することは出来ません。

  • エルハウジングの住宅の構造の特徴は?

    地震から大切な家族が守れるような住宅を造りたいとの思いで、エルハウジングでは消防署や警察署などの建物に相当する耐震レベル最高等級「3」にこだわっています。
    これは建物の強度を高める「ハイブリッド工法」や、より良い状態で長く住める住宅を実現する「三世代住宅」がつくり出しています。そして、地震の揺れをしっかり吸収する「MIRAIE」を採用することで、地震に強いより安全な住宅をお届けしています。

    エルハウジングの構造・制震

  • 地震に強い家を建てられますか?

    はい。エルハウジングでは、防災の拠点となる消防署や警察署などの建物と同様の「耐震性能レベル最高等級3」の構造の一戸建住宅を提供しています。
    エルハウジングお届けする住宅「セントフローレンスタウン」が地震に強い理由は強さの「耐震」とやわらかな「制震」の組み合わせにあります。「耐震等級3の構造」に加えて、エルハウジングの住宅は住友ゴムが開発した住宅用制震ダンパー「MIRAIE」を設置し、地震に備えています。

    安心の強さ「構造・制震」

  • 制震ダンパーって何ですか?

    制震ダンパーとは、建物に代わってエネルギーを吸収し、建物の損傷を低減するもので、エルハウジングが住宅に搭載している制震ダンパー「MIRAIE」は地震の揺れ(震度6強)を最大70%吸収し、耐久性90年を実現した「高減衰ゴム」を採用。
    お子様・お孫様の代まで安心が続きます。また本震だけでなく繰り返しの余震にも効果を発揮し、住宅の損傷を抑え、住宅の資産価値を守ります。

    制震ダンパーMIRAIE

  • 気になる太陽光発電、取り入れたいのですが…

    もちろん、可能です。太陽光発電はもちろんのこと、太陽光発電と組合わせて光熱費がお得になる自家発電システムなどの省エネ機器もございます。光熱費をより安くしたいご家族にオススメです。

    エルハウジングではZEH住宅の建設も可能です。
    ZEH = ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。
    断熱・省エネルギー・太陽光など、家がエネルギーを創り年間の「空調・給湯・換気・照明」等の高熱費を概ねゼロにする住宅です。

    エルハウジングの省エネ住宅

    エルハウジングのZEH住宅

  • エルハウジングが提供する省エネ住宅とは?

    エルハウジングが提供する省エネ住宅のポイントとは…

    • ・改正省エネルギー法に係る「トップランナー基準」を満たしていること
    • ・最新の省エネ設備を導入・提案していること

    これら2つが大きな特徴です。
    エルハウジングがお届けしているのは、国土交通省・経済産業省が定めた「トップランナー基準」をクリアした省エネルギー設計の住宅です。さらに、2012年に取り入れられた低炭素住宅の認定制度など、低炭素社会の実現に向けたさまざまな動きも見ながら、快適で環境にやさしく(エコロジー)、家計にもやさしい(エコノミー)な省エネ住宅づくりに取り組んでいます。

    エルハウジングの省エネ住宅

  • トップランナー基準とは?

    これまで住まいの省エネルギー対策は、建物の断熱性が重視されていました。でも、それだけでは住まい全体で使うエネルギーを効果的に減らすことができないと考え、給湯やエアコン、照明など家の中の設備・機器にも省エネ型のものを用いて、より省エネ性能を高めていくことを目指したのが「トップランナー」基準です。

    • ・条件1:断熱性の高い住宅
    • ・条件2:高性能の省エネ設備・機器を設置

    エルハウジングの省エネ住宅

  • 低炭素住宅とは?

    炭素とはCO2(二酸化炭素)のことで、これが地球温暖化を進行させる温室効果ガスの大きな原因となっています。そこで、断熱性の高い建物に、高性能な設備・機器を備えてより省エネ性能を高めるとともに、CO2の排出削減を求めたのが「低炭素住宅」です。そのために木造住宅であることや劣化対策など、低炭素化に役立つ仕様を2つ以上取り入れることも条件とされています。 低炭素住宅と認められると、住宅ローン金利の引き下げや税金面でのメリットがあります。

    低炭素住宅に求められるプラスαの条件

    • ・雨水、井水、雑排水の利用
    • ・HEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)の利用
    • ・ヒートアイランド対策
    • ・再生可能エネルギーと連携した蓄電池の設置
    • ・劣化対策
    • ・木造住宅
    • ・高炉セメント等の使用

    ※必須の条件【断熱性の高い建物】と【高性能な省エネ設備・機器を設置】していることに加え、上記の8つの項目のうち2つ以上を取り入れていることが低炭素住宅の条件です。

    エルハウジングの省エネ住宅

  • ZEH住宅を建てられますか?

    建てられます。エルハウジングでは「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、2020年度に向けたZEH普及率目標を設定・公表いたします。
    ZEH = ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。
    ZEHは快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅の一次消費エネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅。

    エルハウジングのZEH住宅

  • 住宅購入の諸費用の答え

    • 土地と建物以外にかかる諸費用はどれぐらいですか?

      新築住宅と中古住宅で異なりますが、住宅を購入した場合、不動産所得税、印紙(印紙税)、登記費用、各金融機関の事務手数料、住宅ローンの斡旋手数料、住宅ローン保証金、不動産仲介手数料、火災保険料などの費用がかかります。
      さらに、引越しの費用、家財の購入代、近所の挨拶回りなども加えると「諸費用」は概ね購入価格の8~10%程度が目安です。
      また、購入前から入居後までの主な諸費用を下記にまとめておりますので、ご参照ください。

    • ご契約時にかかる費用とは?

      【契約印紙代】
      売買契約書に貼付する印紙代です。2万円~6万円程度(平成26年4月1日以降1万円~3万円程度/平成30年3月31日まで軽減措置が適用)
      【仲介手数料】
      売買契約時に半金、残代金決済時に半金を支払うのが一般的ですが、エルハウジングではいただいておりません。

    • 借入時にかかる費用とは?

      【契約印紙代】
      住宅ローン契約時に契約書に貼付する印紙代です。借入金額により異なります(2千円~6万円)。
      【ローン手数料】
      住宅ローン実行時にかかるジム手数料です。3~5万円程度(金融機関により異なります)。
      【ローン保証料】
      民間金融機関の場合、1,000万円(35年返済の場合)当たり20万円前後が目安。融資時に一括支払い、金利上乗せ等、金融機関によって支払方法が異なります。
      【抵当権設定登記の登録免許税】
      抵当権を設定するときの費用として、登録免許税という税金があります。抵当権設定登記をする際の登録免許税は「借りたお金の0.4%」を税金として国へ支払わなければなりません。ある条件を満たすと特例として「0.1%」が適用される場合もあります。
      【保険料】
      住宅ローンの実行時に、借入れをする方は、万一に備えて、団体信用生命保険への加入が必要です。民間ローンの場合は金利に予め含まれている場合が多い(0.3%程度)。

    • お引渡し時にかかる費用とは?

      【登記費用】
      所有権移転登記・保存登記の登録免許税、司法書士報酬など。8~20万円程度が目安。
      【固定資産税・都市計画税】
      不動産を所有すると毎年かかる税金。固定資産税評価額から算出できます。
      【仲介手数料】
      売買契約時に半金、残代金決済時に半金を支払うのが一般的ですが、エルハウジングではいただいておりません。

    • 入居後にかかる費用とは?

      【不動産取得税】
      不動産を取得後にかかる税金です。土地・家屋とも3%(軽減措置あり平成27年3月31日まで)
      【その他】
      お引越し代、家具・照明の購入、近所への挨拶回りなどがかかります。

    • 見落としやすい諸費用!?

      見落としがちなのがカーテン購入やエアコンの取り付け費などがあります。 また、地域によっては町内会費やマンションなどでは毎月、管理費・修繕積立金や使用料も発生するので、毎月のローン返済額とは別に月々発生する金額として押えておきましょう。

住宅まめ知識

  • 新築住宅の購入
  • 中古住宅の購入
  • 賃貸住宅
  • リフォーム
  • 資金計画・住宅ローン
  • 新税制・新制度
  • 不動産売買
  • 住宅用語について

住宅まめ知識

  • 新築住宅の購入
  • 中古住宅の購入
  • 賃貸住宅
  • リフォーム
  • 資金計画・住宅ローン
  • 新税制・新制度
  • 不動産売却
  • 住宅用語について
ページトップへ