京都の住宅リフォーム・新築一戸建て・分譲住宅地など不動産を販売

エルハウジング

資料請求・お問い合せ
エルハウジング本店

リフォームの住宅まめ知識

リフォームを行う際に、知って頂きたいことやより良い住宅でお住まいになるために役に立つ情報をQ&A方式で掲載しています。
お客様によって当てはまる内容が異なる場合もございますので、詳細は担当スタッフにお問い合せください。

構造・設備の答え

  • 窓の位置は変更できますか?

    ある程度変更できます。但し、耐震壁などには、大きな窓をつけられません。詳細はご相談くださいませ。

  • 階段の位置は変更できますか?

    構造によってはできない場合もございます。一度見させて頂いてから判断させていただきますので、是非お気軽にご相談下さいませ。

  • 住宅の外観のイメージは一新できますか?

    可能です。外観が変わるだけで、住宅のイメージがガラリと変わり、新築住宅に生まれ変わったように見えますよ。
    担当の者がご希望やお好みをお伺いいたしますので、是非ご相談くださいませ。

  • どんな古い家でもリフォームできますか?

    はい、できます。家族の思い出が詰まった住宅を、次の世代が安心して住まえる住宅にするリフォームはとても大切です。
    しかしながら、建物の状況次第で、建替えをした方が費用面などで合理的なケースもございます。詳細はご相談くださいませ。

リフォームの種類の答え

  • 耐震リフォームとは?

    住宅の耐震性を高める補強工事により、あなたと家族の命や財産を守ります。エルハウジングでは新築一戸建住宅同様、リフォームでも耐震・省エネを推奨しています。

  • バリアフリーリフォームとは?

    バリアフリー住宅とは障害物の無い家という意味で、車椅子や松葉杖でも自由に動きまわることができる安心の家です。高齢化などに伴って身体機能が低下しても、できる限り自立した生活を続けられるようにします。
    バリアフリーにするためのリフォームには、床の段差の解消、手すりの取り付け、ドアを引き戸にするなどの比較的小規模なものから、廊下を広げる、水まわりを移動する、ホームエレベーターを付けるなどの大規模なものまで、幅広くあります。
    状況や予算に合わせてじっくりと計画を立て、我が家に必要なものをしっかりと見極める必要があります。

  • 省エネリフォーム工事とは?

    省エネ性の高い省エネ機器や太陽光発電の設置。
    住宅の断熱性や気密性を上げ、窓や壁などから伝わる室外との温度差の影響を最小限にする断熱改修に関連する工事。
    LED照明の設置などの工事です。

住宅ローン・補助金制度の答え

  • リフォーム費用には、どんなローンが使えるの?

    「住宅ローン」や「リフォームローン」が使えます。
    リフォームの際、一般的に利用されているのは「リフォームローン」と呼ばれる無担保ローンです。ですが、リフォーム費用についても住宅ローンを利用することは可能です。

  • リフォームローンとは?

    ご自宅のリフォームに活用できます。住宅の増改築・修理・改装や、バス・トイレの改良・設備機器の購入、システムキッチンの購入・設置等に利用できます。
    借入期間は最長10年程度、借入可能額は1000万円程度までと少額なため、審査がスピーディーで利用しやすい反面、金利が高くついてしまうデメリットもあります。

  • 中古住宅を購入してリフォームを検討しています。お得なローンはありますか?

    「中古住宅+リフォーム」なら、一括タイプの住宅ローンがお得です。
    「住宅購入代金+リフォーム代金」により高額なローンを組む場合、金利の高いリフォームローンは不向きなので、「住宅購入代金+リフォーム代金」をまとめた形で住宅ローンを組んでしまうのがおすすめです。

  • 補助金の制度はありますか?

    ございます。但しお客様の住宅の条件や、工事の条件がございます。
    耐震リフォームやバリアフリーリフォーム、太陽光発電などの省エネリフォーム。さらに、バリアフリーや省エネ、耐震などのリフォームについては、所得税の控除や固定資産税の軽減など、税の優遇を通したリフォーム減税の支援も行われています。
    リビングやダイニング、個室の一般的なリフォーム工事についても、自治体によっては補助策を設けているところがあります。
    また、エルハウジングの場合、きょうと子育て応援パスポートをお持ちの方の場合、リフォーム工事代金1%オフになる特典がございます。

    子育て応援パスポート

  • バリアフリーリフォームの補助金制度はありますか?

    バリアフリーリフォームの場合、国や自治体で設けられた補助金制度がございます。
    介護保険制度では、「要支援」または「要介護1~5」と認定された人が住む住宅で、手すりの取り付けなど住宅リフォームが必要な人に対して、リフォームにかかる費用の内、20万円までについて、その9割(18万円)を補助します。 補助の対象となる工事内容は決まっており、さまざまな手続きも必要なので、事前にケアマネージャー(介護支援専門員)などに相談しながら計画を進めてください。
    また各自治体でも「高齢者住宅改修費支援制度」や「障害者住宅改造費助成制度」が用意されていることが多く、介護保険の支援と合わせて使うこともできます。 助成額や条件は自治体によってそれぞれ異なるので、担当窓口に問い合わせてみましょう。

  • 太陽光発電の設置や省エネリフォーム工事の補助金制度はありますか?

    国や多くの自治体で、太陽光発電システムの設置や省エネリフォーム工事についても、さまざまな補助が実施されています。
    対象となる工事は、断熱改修に関連する工事や省エネ性の高い給湯機器の設置、LED照明の設置などの工事です。

  • 耐震化のリフォーム工事に補助金制度はありますか?

    耐震診断や耐震補強工事についても、ほとんどの自治体で補助があります。
    これらの補助は年度ごとに予算規模が異なるので、最新の情報を担当窓口やインターネットで収集するとよいでしょう。また、予算枠に達すると期間中でも補助がなくなるので「早い者勝ち」の面もあります。

  • 住宅リフォームの減税制度とは?

    平成21年から耐震リフォーム、バリアフリーリフォーム、省エネリフォーム等、このようなリフォーム工事を行った際、ローンを組まずに自己資金でリフォームを行っても所得税や固定資産税の還付が受けられる減税制度(投資型減税)が導入されました。
    一定の要件を満たしていれば、これらのリフォームをすることで、「所得税の控除」や「固定資産税の減額」を受けることができます。
    ※所得税の控除制度は、平成26年4月1日以後、要件等の改正が行われ、平成29年12月31日まで延長されました。

  • 京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業とは?

    京都市では、住宅の省エネ化の推進を目的にリフォーム費用の一部を補助する「既存住宅の省エネリフォーム支援事業」に取り組んでいます。
    対象者は京都市内の住宅の所有者又は居住者(予定を含む。)です。申請期間は平成28年4月11日から平成29年3月28日(火曜日)まで。
    窓の断熱化(内窓設置,外窓交換,ガラス交換)・断熱材の設置(外壁,屋根,天井,床)・高断熱浴槽の設置・ドアの断熱改修・内装断熱パネルの施工(壁,床,天井)・遮熱工事などを対象に一ヶ所(枚)に付、500円~20万円の補助金制度を設けています。
    工事対象・金額一覧・申請先は京都市ホームページにて公開しています。

    京都市情報館

その他の答え

  • リフォームをするタイミングの判断基準はありますか?

    はい、あります。設備や内装、間取りを自分好みに変更することだけがリフォームではありません。住まいを長持ちさせるために行う修理・修繕もリフォームのひとつです。住まいへの不満を解消することも大切ですが、適切な時期に修理をすることも永くお住まいいただくための欠かせないポイントです。
    ▼リフォームに適した周期とポイント

    設備 リフォームの時期(目安)
    システムキッチンの交換 15~20年/コンロや換気扇などの設備機器の見直し
    20~25年/本体の交換
    ユニットバス 10年~15年/内部コーキングの打替
    20~30年/本体の交換。基礎や柱が痛んでいたら補修が必要
    洗面化粧台 10年~15年/部品の交換
    20年~25年/本体の交換
    便座ウォシュレット 10年~15年/ウォシュレット交換
    20年~25年/本体の交換
    サイディング(外装材) 10年~15年/表面の塗装
    25年~ /貼り替え・増し貼り
    給排水管の交換 15~20年/サビなどで劣化の可能性。水まわりリフォームと同時がおすすめ

    新築住宅を建ててから、だんだんと住宅は部分的な老朽化・劣化をしていきます。他にもリフォームのタイミングなどご紹介しています。

    リフォームのタイミング

  • 見積もりに費用はかかりますか?

    いいえ、お見積りは無料で承ります。ですので、住宅や設備のことなどや小さなお困りごともお気軽にご相談くださいませ。

    エルハウジングのリフォーム

  • リフォームが必要になる築年数はありますか?

    特に住宅の築年数の目安はありませんが、家族が増えてお子様の個室が必要になる、おばあちゃんの為にバリアフリーにしたいなど、お客様のライフスタイルの変化で、住宅に不便を感じる時がリフォームの時期かと思います。
    また、キッチンやユニットバスは10年を過ぎると古く感じてきますので、そういった時もリフォームの考え時ですね。

  • 引っ越しなしで進めることは可能ですか?

    可能です。最近は施工方法の工夫や、建材・設備機器の進歩により、引っ越しなしでも進められるようになりました。
    お客様にリフォーム中もなるべく無理のない生活を送っていただきたいと考えておりますので、ご相談しながら進めていきましょう。

住宅まめ知識

  • 新築住宅の購入
  • 中古住宅の購入
  • 賃貸住宅
  • リフォーム
  • 資金計画・住宅ローン
  • 新税制・新制度
  • 不動産売買
  • 住宅用語について

住宅まめ知識

  • 新築住宅の購入
  • 中古住宅の購入
  • 賃貸住宅
  • リフォーム
  • 資金計画・住宅ローン
  • 新税制・新制度
  • 不動産売却
  • 住宅用語について
ページトップへ