資産・土地を効率よく運用できる戸建賃貸住宅経営のメリット

エルハウジング

資料請求・お問い合せ
エルハウジング本社

賃貸住宅経営のメリット

収益について

○専門知識を必要とせず、定額の収入が見込めます。

土地診断、市場調査を行い綿密な計画のもとに建てられた賃貸住宅は、長期にわたって安定したご入居者を確保できます。月々の現金収入は豊かな老後を過ごす為の私的年金としても魅力です。
また「賃貸住宅経営」は、経営の為の専門知識をそれほど必要とせず、賃貸管理会社に任せれば、家賃徴収、ご入居者の苦情処理、建物の維持管理等のわずらわしい事に追われることもありません。

○資産を効率よく運用でき低金利対策として有効です。

土地活用イメージ

超低金利が続く現在は、金利での収入は殆ど期待できません。資産を活用しローリスクで運用できるのが「賃貸住宅経営」です。ご入居者のニーズにあった建物を建て、家賃設定など的確な経営判断のもとに運営する賃貸住宅から得られる収入は、預貯金の金利を大きく上回ることが考えられます。

税金面のメリット

○所得税

賃貸住宅経営では、減価償却費やローン金利、固定資産税、管理費などを必要経費として計上することが可能なので、不動産所得が軽減できます。

賃貸収入-必要経費-課税対象

○固定資産税・都市計画税

賃貸住宅を建てると、固定資産税の課税標準額は1/3になります。また、1戸あたりの敷地が200㎡以下の場合は「小規模住宅用の特例」により課税標準額は1/6になり、大幅に税負担が軽減されます。市街化区域内にあれば都市計画税も併せて課税されますが、賃貸住宅を建てると1戸につき200㎡までの部分は税額が1/3に減額されます。
※一定の条件を満たした場合

○相続税

賃貸住宅を建てて「貸家建付地の評価」「小規模宅地などの評価減」「債務控除による評価減」が適用されると評価額が軽減されます。さらにローン残高が相続税評価額から控除されます。

・貸家付地の評価減・・・ 賃貸住宅を建てると土地の評価額が9~27%程度下がります。

・小規模宅地等の評価減・・・ 土地の200㎡が50%評価減されます。

・債務控除による評価減・・・ 相続人が相続した債務は、その金額が相続税評価額から控除されます。

資産をのこす

○資産価値を高め継承できます。

土地は、時代と共に変わる周辺状況にあった活用で価値ある資産になります。お持ちの土地が、賃貸住宅を建てるのに適した条件ならば、「賃貸住宅経営」によって安定した収入が期待でき、付加価値の高い資産として次世代へ継承できます。
社会的にも、美しい地域づくりに貢献する資産を譲り渡すことになります。

○土地だけではなく、安定収入を継承することになります。

土地は賃貸住宅を建て継承すると、土地も建物も相続税評価額が低くなります。「賃貸住宅経営」によって安定した家賃収入を得れば、借入金返済後に現金収入が残り、土地だけでなく安定収入を継承することになります。

○生前贈与により、家賃収入を確保しておくことも可能です。

相続

賃貸住宅を建てることにより相続時の税制上のメリットを受けられるだけでなく、生前贈与をしておけば「賃貸住宅経営」で生まれる収益を相続時の納税資金として活用することができます。

戸建賃貸経営のポイント

  • 戸建賃貸住宅経営の流れ
  • 賃貸住宅経営のメリット
  • 当社施工例
  • 参考プラン
ページトップへ