新築・中古住宅を買いたい人のためのマイホーム購入ガイド

エルハウジング

資料請求・お問い合せ
エルハウジング本社

マイホーム購入ガイド

買いたい人のためのマイホーム購入ガイド

一生に一度の大きなお買い物となるマイホーム購入は、ワクワクする反面、不安なこともたくさんありますよね。そんな方のために資金計画から物件購入、住宅購入後のアフターサービスまで、マイホーム購入の流れを順に沿って、そのタイミングごとの注意点などをご紹介します。

新築物件を検索する
中古物件を検索する

物件購入の検討~見学まで

  • 1)買いたい物件の種別と希望条件を整理する

    住宅購入を考えはじめたら最初にするべきことは、購入物件の種別希望条件を決めることと資金計画を検討することです。

    購入物件の種別 【一戸建て or マンション】【新築 or 中古】といった種別
    希望条件 住みたい土地(地域・学区)、坪数、間取り、ご入居時期など住みたい住宅のイメージ
    資金計画 頭金や住宅ローンの種類、毎月の返済額、返済期限など

    多くの方は、まずマンションや一戸建てなどの不動産広告を見て、気になる物件があればお問い合せをしたり、実際に現地へ見学に行ったりします。しかし、無計画に物件を探すのではなく、どこに住みたいという希望(立地)を具体化し、物件の種別ごとの特徴(メリットとデメリット)を把握することと資金計画を検討することが重要です。
    住宅購入を検討し始めるにおいて、最も重要なことが資金計画です。

    自分たちに合った住まいは?

    一戸建て or マンション

    一戸建てorマンション

    一戸建住宅は自由に利用できる空間が多いのに比べて、マンションは制約が多いですが、駅近などの好立地でも低価格であったり、共用施設が充実しているメリットがあります。

    新築 or 中古

    新築or中古

    新築住宅は最新の設備や流行のプランが取り入れられているので、入居後すぐに快適な暮らしが送れます。
    中古住宅はリフォームを楽しめたり、地域限定で住宅を探す場合に適しています。

    所有権 or 借地権

    所有権or借地権

    借地権は所有権住宅に比べて低価格ですが、売買や建替えの際に一定の制限を受ける場合があります。

  • 2)無理のない予算を決める

    資金計画を検討するには、予め貯金がどれくらいあって、そのうちいくら「住宅資金」に使えるのかを確認しましょう。できましたら、将来の人生設計とそれぞれのライフステージで必要な資金のことも考えなくてはなりません。貯金すべてを住宅資金にあててしまうと、子供の教育資金や車の買い替え、保険の支払いなど、万が一に何かあったときなどの対応ができません。

    住宅ローン

    資金計画を立てるうえで大事なのが住宅ローンはいくら借入できて、毎月の返済額がいくらまでなら問題がないか、家計に無理のないローン返済を続けられるかです。まずは「返済額」と「金利タイプ」を決めておきましょう。今後に大きく影響する「返済期間」も大切です。借入額はこの3つポイントを決めた上でローンシミュレーションしてみましょう。

    ローンシミュレーターで計算する

    諸費用

    住宅購入資金には土地と建物の購入価格の他に「諸費用」が発生します。諸費用には住宅購入に係わる税金や各種手数料が含まれます。さらに引越しの費用、家財の購入代、近所の挨拶回りなども加えると「諸費用」は概ね購入価格の8~10%程度が目安です。

    ポイント!

    住宅の購入資金は、住宅ローンの返済額、住宅購入に係わる諸費用、将来の生活費、子供の教育費などのバランスに配慮しながら検討することが大切です。

  • 3)物件情報の収集

    物件情報の収集

    住宅購入の計画を立てた次は、具体的に物件探しを行います。新聞折込チラシや住宅情報誌、インターネットなどで多くの物件情報を集めることが大切です。さまざまなツールを駆使して自分に合うやり方で情報収集をしましょう。

    新聞広告や情報誌の魅力

    折込チラシは毎週金曜日や土曜日に集中的に宅配されます。マンションや一戸建ての情報が待っていても簡単に入手可能です。
    住宅情報誌は最近ではエリアごとに物件情報を分けたり、豊富な情報が見やすくなっています。
    新聞広告や情報誌などは、複数の物件を一度に眺められる一覧性が魅力です。どんな物件がどのくらいの価格で流通しているのか、住宅の相場観を養うのに便利です。

    エルハウジングの折り込みチラシを公開しています。

    インターネットの魅力

    常に新しい情報が発信され情報量が豊富なのがインターネットです。見たいと思った時に見ることができ、さらに何より便利なのが「地域」や「価格帯」など自分の希望条件で物件を絞り込める検索機能です。自分が求める物件情報を抽出できるところが最大の特長です。

  • 4)現地へ見学に行く

    現地へ見学に行く

    具体的に購入する物件を見学する段階です。チラシやインターネットなどの図面だけでは、天井の高さや風通し、周辺環境などわからないことがたくさんあります。気になる物件が見つかったら積極的に見学に出かけましょう。

    モデルハウス・現地説明会をご希望の場合、事前にご予約いただくとスムーズにご案内ができます。物件によってご案内できる日程が違いますので、事前にご確認ください。特に中古住宅の場合、売主の都合もありますので、必ず見学予約してから出かけましょう。

    現地見学のポイントは周辺の環境や駅までの道順等、自分たちの力でどうにもならない部分をきちんとチェックすることです。
    最初に気に入る物件に巡り合うこともありますが、いくつかの物件を見て良い物件に出会わないときは焦らず、待つことも大事です。エルハウジングでは新築一戸建住宅や中古物件等の新規販売物件情報をお届けするメールマガジン配信サービスがございます。是非、この機会にご登録ください。

    メールマガジンのご紹介

    良い物件が見つかったときには、住宅診断等を利用して建物の状況(施工不良が無いか、劣化が無いか等)をしっかりチェックしましょう。

    ※申込時には「認印」と「申込金」が必要になる物件がほとんどです。
    ※中古物件で購入する方でリフォームを検討している場合は、この段階でどれくらいのリフォーム資金が必要になるかも確認しておきましょう。リフォーム業者に物件を一緒に見てもらうことも可能です。

お申し込み~契約まで

  • 5)購入の申し込み

    購入の申し込みは「買います!」という意思表示をする手続きです。本格的な契約を結ぶ前に、まずは購入の申し込みを行うことになるので、申し込みから契約締結までの流れを見ておきましょう。

    購入の申し込みとは、正式にその物件を購入する意思を示す手続きをいいます。申し込みは先着順が基本ですので、購入を決めたらすぐに動いたほうがよいでしょう。このとき先着順受付の場合は、認め印と申込金(概ね5万円~10万円程度)を持参します。

    購入の意思が固まったら、住宅ローンの事前審査を受けておきましょう。住宅ご購入の際は、一般的に長期で多額の住宅ローンを組むことになり、住宅ローンの手続きには時間がかかります。エルハウジングには、住宅ローン専門のアドバイザーもおりますので、ご不安な点は何でもご相談くださいませ。

  • 6)契約の準備をする

    宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受けます。
    申し込みが受理され、住宅ローンの事前審査に通れば、契約前に宅地建物取引主任者によって「重要事項説明」が行われます。重要事項説明が契約直前になる場合は、必ず事前に書類を受け取り、細かいところまで読み込んで、不明点は質問できるように準備しておきましょう。

    チェックポイント!

    • 不動産の表示は登記簿内容と同じか?
    • 物件の売主と所有者は同一人か?
    • 再建築は可能か?
    • 将来起こりうる負担は?

    重要事項説明書などの書類には住宅用語が多数あります。難しい用語がございましたら「住宅まめ知識/住宅用語について」と一緒にご確認ください。

    住宅用語について

  • 7)不動産売買契約を結ぶ

    不動産売買契約を結ぶ

    住宅購入の流れとして「申し込み」の次に行うのが「売買契約の締結」です。
    売買契約を締結する日は「申し込み」の一週間程度後が一般的ですが、特に規制はありません。契約書の内容は重要事項説明書と重複する内容が多いですが、物件の売主と買主の「権利と義務」を明記した重要な書類ですので、十分内容を理解してから署名・捺印しましょう。いったん契約を締結すると、簡単に解除することはできません。

    チェックポイント!

    • 瑕疵担保責任:購入後に見つかった住宅の欠陥は誰が責任を負うのか?
    • 手付解除:売買契約後に解約する場合は?
    • ローン特約:万一、住宅ローンの申し込みが否認されたら?

契約後~住宅のお引渡し~入居後まで

  • 8)住宅ローンの申し込み

    売買契約後、住宅ローンも正式な申し込みにより本審査になります。住宅ローンの手続きには意外と時間がかかりますので、売買契約が終わったらすみやかに手続きを行いましょう。

    ローンの申し込み流れ

    ローン承認がおりましたら、いよいよ残金決済と住宅の引き渡しです。残金決済・引き渡しに必要なものとして次の準備をしてもらう必要があります。

    残金決済に向けて準備するもの

    • 印鑑
    • 残代金
    • 印鑑証明書
    • 住民票
    • 登記費用
    • 仲介手数料の残額
    • 固定資産税・都市計画税の清算金
    • 管理費等の精算金(マンションの場合)
  • 9)物件の引き渡し

    物件の引き渡し

    引き渡し

    すべての準備が整ったら、残代金を支払い引き渡しとなります。
    所有権移転登記や抵当権設定登記は、専門家である司法書士へ任せましょう。
    完了後、「登記識別情報通知書」と「登記完了証」を受け取りますが、再発行されませんので大切に保管して下さい。
    火災保険や地震保険の加入も検討しましょう。

    ※住宅ローン利用の場合、火災保険の加入が条件となる場合がほとんどです。

    入居

    引越しは「段取りよく」できるだけ安く手軽に済ませましょう。
    引越し先での挨拶は引越しの2~3日前か当日に行うのが一般的です。荷物の搬入などでご迷惑をおかけすることになるので、事前にできればそれに越したことはありません。新築工事前の近隣挨拶をしていても、入居時は別に必ず事前挨拶をしておいた方が良いでしょう。

  • 10)入居後の諸手続きを済ませる

    ガス・水道・電気・電話は早めに手続きの連絡をしましょう。
    駐車場やゴミ出しのルールの確認や、住宅ローン控除・取得税の軽減等は一定期間内に手続きをして下さい。
    また、長く快適に暮らすために定期的にメンテナンスが必要です。不具合が起きてからでは余計に費用がかかります。
    エルハウジングでは、エルハウジンググループにて住宅をご購入いただいたお客様へのサポートとコミュニケーションを目的として「エルオーナーズクラブ」を開設しました。住宅を建てた後も責任をもち、エルハウジンググループにてご購入頂いた住宅で安心してお住まい頂けるように、「点検」「メンテナンス」「保証」などのアフターサービスも誠意をこめて取り組んでいます。

    オーナーズクラブ

    エルハウジングではリフォームの相談も承っています。お風呂やキッチン等部分的なリフォームから、住宅全体のリフォームまで変わりゆくライフスタイルに合わせたリフォームをご提案させていただきます。

新築物件を検索する
中古物件を検索する
売却を相談する
ページトップへ