企業人と学生のハイブリッド 最終報告会

先日、企業人と学生のハイブリッドの最終報告会 が京都産業大学むすびわざ館で開催されました。
エルハウジングでは2016年10月より京都産業大学の実践型科目「企業人と学生のハイブリッド」 に当社の若手社員が参加しています。

【企業人と学生のハイブリッドとは・・】
企業の若手社員と学生のハイブリッドによる人材育成プログラム。
若手社員1人と学生3人がチームを形成し、社員が直面している業務上の課題の解決 にむけて、調査や分析、ディスカッションや上司への中間プレゼンテーションなど検討を重ね、課題解決の方策を提案する取り組みです。

エルハウジングでは建築・デザインなど専攻に科目に関わらず色んな大学向けにインターンシップを開催していますが、その中でもこの京都産業大学とコラボしたハイブリッドの取り組みは、準備期間も含めるとおおよそ4ヶ月もかかるビッグプロジェクト で、同じチームになった学生さん3人とエルのK社員が、最終報告会に向けて一緒に頑張ってきました。

今回の企業テーマは『新入社員及び若手社員が積極的に企業貢献を可能にするための制度づくり、教育システムの構築』 でした。
180118_01.jpg
180118_02.jpg
同じチームの3人の学生さんは、インターンシップや企業訪問、会社説明会など「働く」ということに前向きに取り組んでいる方達で、今回の取り組みに関しても真剣に取り組んでくれていました。
課題に関しても自分達が就職を控えた中での取り組みだったので、「こうなれば・・」という思いを込めて取り組んでいましたし、社内インタビューや、学内での聞き取り等システムをよくするために積極的に動いてくれました。

取り組みに参加したK社員は・・
「自分で課題を決めスタートしましたが、ゴールというものが見えないままのスタートでした。
出来るだけ学生の思うようにというスタンスと、学生たちの今後につながる取り組みにしていこうと思い活動しました。
日に日に成長する学生を見て、とても嬉しく感じていた分、結果を出してやれなかった事に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ですが、悔しいと思えたこと、もっと取り組みをしたいと思わせてくれた学生たちに感謝し、この縁を大切に今回取り組んだプログラム内容が無駄にならないよう今後に生かしていきたいと思っています。」
こんな風に話してくれました。
180118_03.jpg
180118_04.jpg
結果として、残念ながら最優秀賞は獲得出来ませんでしたが、
4か月という長期にわたり業務の合間をぬっての取り組みは大変だったかと思います。
本当にお疲れ様でした!

今後のK社員、学生たちの活躍を祈っております。
2018/01/24(Wed) 15:33:56 | 活動報告・社内イベント

Profile

株式会社エルハウジング
京都の新築一戸建分譲住宅・宅地分譲なら(株)エルハウジング。グループ一貫体制がつくり上げる確かな実績と信頼で、人と社会のかけがえない「しあわせ」のために、家づくり・街づくりにおいて「心地よさ」を追求します。

New Entries

Categories

Archives(856)

Link

Search