海外研修生の生活

昨年、2016年5月より【海外人材受け入れ制度】を導入し、
カンボジアから大工見習いとして6名を採用して早1年が経ちました!!
カンボジアの海外研修生
海外研修生たち6人は、大工としての仕事が板についてきました。
大工見習い

エルの工務部や現場の大工さんたちの支えもあり日本での暮らしにもだいぶ慣れてきたようです。
大工見習い
日本で暮らしはじめた頃…
食べ盛りのカンボジア研修生6人に対してエルで用意していた炊飯器1つでは、お米の炊ける量が足りず、あとから炊飯器の数を2つに増やしたとか。

カンボジア研修生たちの部屋に行くと、部屋中に香辛料の臭いが充満してたとか…(笑)

洗濯機からこぼれた水を掃除機で吸って壊したり\(* ̄□\) ̄□\) ̄□\))))オォ〜ット!!

この一年の間に電子レンジは2回壊して買い換えています(笑)

苦労もありつつ、笑いが耐えないエピソードを作りながら、研修生たちは仲良く生活しています。

6人は交代で家事をこなし、毎日のご飯は基本的に自分たちの手づくりです!
現場にはよくお弁当や水筒を持参しているそうです。

はじめてお弁当を見たときは唐辛子?がまるごと入っていたりと「辛そう!」「香辛料めっちゃ入ってそう!」と思いましたが、今では日本の各家庭ででてきそうなおかずも作れるようになりました。

↓写真の料理はタイ料理のパッタイです。
カンボジアの海外研修生の料理
よくエルの社員や大工さんに夜ご飯を食べに連れて行ってもらってるそうです。
カンボジアの海外研修生
こういった外食や社内イベントがあるときは楽しそうに飲み食いしている姿を見かけます。

【海外研修生の受け入れ制度】の実施期間は3年です。
残り2年も日本の生活を楽しみつつ、大工としての仕事も学習していってほしいです。

2017/05/29(Mon) 09:46:01 | 活動報告・社内イベント

Profile

株式会社エルハウジング
京都の新築一戸建分譲住宅・宅地分譲なら(株)エルハウジング。グループ一貫体制がつくり上げる確かな実績と信頼で、人と社会のかけがえない「しあわせ」のために、家づくり・街づくりにおいて「心地よさ」を追求します。

New Entries

Categories

Archives(796)

Link

Search