京都・滋賀 エルハウジングの新築一戸建住宅は地震に強い耐震構造最高等級3&制震ダンパー

エルハウジング

資料請求・お問い合せ
エルハウジング本社

構造・制震

安心の強さ

地震から大切な家族が守れるような住宅を造りたいとの思いで、エルハウジングでは消防署や警察署などの建物に相当する耐震レベル最高等級「3」にこだわっています。
これは建物の強度を高める「ハイブリッド工法」や、より良い状態で長く住める住宅を実現する「三世代住宅」がつくり出しています。そして、地震の揺れをしっかり吸収する「MIRAIE」を採用することで、地震に強いより安全な住宅をお届けしています。

※住宅性能表示制度と同じ構造計算(木造2階建)を全棟実施しております。
※地震保険料等の優遇措置を受けるためには別途、第三者評価機関による認定申請が必要です。

地震や劣化からまもるエルハウジングの家

地震に負けない頑丈な家を造る「ハイブリッド工法」

通し柱(土台から2階の軒まで継ぎ目がない一本の柱)を金属製の金物でつなぐことで、木材の変形やつないだ部分のズレなど木の家の弱点を最小限におさえています。さらに、金物には自動車のボディに使われる耐食性に優れた塗料を採用して、長年の使用による劣化を防止します。

将来のことも考えた「三世代住宅」

耐震性をはじめとする厳しい認定条件をクリアした「長期優良住宅仕様」と、通常の基礎に比べて2倍の耐用年数を誇る「高強度基礎」によって造られるのが三世代住宅です。良い住宅を造り、長く快適に住むことを目指すとともに、お手入れをきちんと行っていくことで、家の資産価値を保っていくこともできるのです。

長期優良住宅の認定条件(木造住宅の場合)

  • 耐震性
  • 省エネルギー性
  • 維持管理・更新の容易性
  • 劣化対策
  • 住居面積
  • 居住環境
  • 維持保全管理
  • 住宅履歴情報の整理

住友ゴムの住宅用制震ダンバー「MIRAIE」

制震ダンパーとは地震のエネルギーを吸収し、揺れをおさえるとともに、住宅の損傷を少なくするものです。震度6強の揺れを最大70%も吸収することができ、本震だけでなく繰り返し起こる余震にも効果を発揮します。

【耐震等級3】&【制震ダンパー】で安全の上にも安全を考えた構造

エルハウジングお届けする住宅「セントフローレンスタウン」が地震に強い理由は強さの「耐震」とやわらかな「制震」の組み合わせにあります。

耐震等級3 MIRAIE

※住宅性能表示制度と同じ構造計算(木造2階建)を全棟実施しております。
※地震保険料等の優遇措置を受けるためには別途、第三者評価機関による認定申請が必要です。

耐震等級3の構造

数百年に一度の地震でも損傷しない住宅で家財を守る!

エルハウジングの住宅の構造は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同じ「耐震レベル最高等級3」です。

これは、「数百年に一度程度発生する地震(震度6強~7)の1.5倍の地震力でも損傷しない」建物であると制定されています。
この説明では、何だかわかりにくいですよね?
建物を建てる上で必要な「建築基準法」では耐震等級1程度の建物で許可がおります。つまり、耐震等級1を満たしておれば、建物を建築することができるということです。

では、なぜエルハウジングでは「耐震等級3」の構造にこだわるのでしょうか?
1995年に発生した「阪神・淡路大震災」、2011年に発生した「東日本大震災」等、日本が地震大国である事実は私共には変えられません。また、いつこのような大地震に見舞われるかもわかりません。
住宅を供給する私共にできることは、「地震に強い住宅」を作ること。もしもの時、少しでも多くのご家族を守りたい。ご家族の大切な「住宅」・「家財」を守れる住宅を作りたい。そんな思いから「耐震等級3」の構造にこだわっています。

エルハウジングの構造品質

制震ダンパー

地震の揺れを最大70%吸収し、住宅の損傷を抑える!

「耐震等級3の構造」に加えて、エルハウジングの住宅は住友ゴムが開発した住宅用制震ダンパー「MIRAIE」を設置し、地震に備えています。

そもそも制震ダンパーって何でしょうか?
制震ダンパーとは、建物に代わってエネルギーを吸収し、建物の損傷を低減するもので、制震ダンパー「MIRAIE」は地震の揺れ(震度6強)を最大70%吸収し、耐久性90年を実現した「高減衰ゴム」を採用。
お子様・お孫様の代まで安心が続きます。また本震だけでなく繰り返しの余震にも効果を発揮し、住宅の損傷を抑え、住宅の資産価値を守ります。

エルハウジングは【耐震構造最高等級3×制震装置】で大切な住宅、家財、ご家族を守れる【安心の住宅】を実現しました。エルハウジングで住宅を買って良かった!そう思っていただけるよう、今後も地震対策に力を入れて取り組んでまいります。

MIRAIE地域特別提携ホームビルダーとして紹介されています

エルハウジングの家は長期優良住宅仕様

フラット35利用可能!

エルハウジングの家は長期優良住宅仕様・省エネトップランナー基準なので【フラット35】が利用可能です。
フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。資金のお受け取り時に返済終了までのお借入金利・ご返済額が確定するので長期にわたるライフプランを立てやすくなります。さらに、一定の性能を持つ住宅なら「フラット35S」を利用でき、金利の下げ幅も0.3%から0.6%へと拡大されます。 もちろんエルハウジングの住宅は省エネ性・耐震性に優れているため、【フラット35S】対応です。
住宅ローンの選択肢が増えますね!とはいえ、住宅ローンはお客様のライフスタイルに合ったものを選ぶのが一番です。詳細は担当の者へお尋ね下さいませ。

その他の優遇制度

1.平成31年6月末まで延長「住宅ローン控除拡充」

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうち、いずれか少ないほうの金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。

2.非課税枠を拡大「贈与税」

住宅資金を非課税で贈与できる制度が平成31年6月末まで延長され適用範囲も拡大されます。段階的に非課税枠が最大3,000万円まで拡大。限度額が引き上げられ今後も住宅購入の助けになるでしょう。平成28年1月から平成29年9月までは、一般の住宅で700万円、省エネ住宅等質の高い住宅で1,200万円まで。

3.すまい給付金

消費増税後の新たな対策です。増税後に住宅を取得される方の負担を軽減するため、新しく制定された現金を給付する制度です。すまい給付金制度は、住宅ローンの減税による負担軽減の効果が十分に及ばない収入層に対して、住宅ローンの減税と合わせて増税による負担の軽減をはかるものです。
収入に応じて最大30万円が受け取れます。

※一部異なります。
※消費税率により変動します。

5つの安心新築一戸建て住宅を安心して購入していただけるための5つのポイント

  • オーナーサポート
  • 構造・制震
  • 一貫体制
  • 省エネ
  • 実績=信頼

安心の住まいづくり

  • オーナーサポート
  • 構造・制震
  • 一貫体制
  • 省エネ
  • 実績=信頼
ページトップへ